シェア

Virtuosがアート制作に貢献したDoom Eternalがリリース

シンガポール– 20204デベロッパーID SoftwareおよびパブリッシャーBethesda SoftworksによるファーストパーソンシューティングゲームのDoom Eternalが、2020320日にPCPlayStation 4Xbox OneおよびStadia向けにリリースされました。

2016年のリブート作品の続編として、Doom EternalはプレイヤーがDoom Slayerとして武器を取り、地獄の勢力との戦いを続けることを可能にします。新しく馴染み深い武器の武器庫と、ロック解除可能なアップグレードで満たされた個人の要塞によって支援され、プレイヤーは悪魔の群れへのアクション満載の戦いに必要な全てを手に入れます。

Virtuosは、ゲームに登場するモンスターの高品質のアートアセットを提供することにより、Doom Eternalの制作を支援しました

Doom

Virtuosについて

2004年の設立以来、Virtuosはゲーム開発と3Dアート制作におけるリーディングカンパニーです。現在はシンガポール、中国、ベトナム、カナダ、フランス、日本、韓国、アイルランド、アメリカで業務を行っており1700名の多様な人材が在籍しています。

アート、エンジニアリング、ゲームデザイン等各分野のスペシャリストが最先端のテクノロジーとツールを使用し、世界中のクライアント様とゲームクリエーションの未来を創造出来るよう日々業務を行っています。

これまでにゲーム業界を牽引する20社の内18社様とお取引させていただいており、1300を超えるプロジェクトでゲーム開発とアート制作における様々なサービスを提供しています。詳しくはwww.virtuosgames.com/ja

をご覧ください。

,

Contact Us